株式会社アイソトープ・テクノロジー LCS事業部


LCS事業部は、手動写植以来の日本語組版のノウハウをベースとし、最新の日本語編集環境の充実の為に、様々なツールを開発し提供しています。


沿  革

1983年4月 株式会社ローヤル企画にIBM S/36を導入し、システム開発部門を設立

1985年9月 IBM S/38用ソフトウエア(組版支援システム)の販売を開始

1986年8月 ローヤル企画のシステム開発部門を独立して株式会社エル・シー・エス設立

1987年8月 パソコン用パッケージソフト(写研コンバーター)の販売を開始

1989年7月 サービスビューロー業務を開始(新宿PresenRoomオープン)

1993年2月 QuarkXPress用のXTension製品の販売を開始

1997年5月 オンデマンド印刷業務を開始(TrueColors日本橋オープン)

2001年4月 Adobe InDesign用のPlug-in製品の販売を開始

2002年8月 PresenRoom、TrueColors業務をローヤル企画に移管

2006年12月 Adobe InDesign Serverソリューションの提供を開始

2017年6月 エル・シー・エスの業務をローヤル企画へ移管し、LCS開発部を設立

2018年9月 ローヤル企画LCS開発部の業務をロ株式会社アイソトープ・テクノロジーへ移管し、LCS事業部を設立


主な開発製品

IBM S/38, AS/400用組版支援システム(写研版、モリサワ版)

写研コンバーター(富士通IPS、EG-pub、SMI/EDIAN、WAVE等)

CADコンバーター(LINEAX、FT1、CV CAD、版下名人等->SAIVERT-H)

XTension(Base&Box、Rubi Manager、DataBox、Dr.カーニング、AutoPrint等)

Plug-in(Ruby Manager、DataBox、Tools+、InDex、AutoPrint、OpenQ等)

受託開発(XTension、Plug-in)、OEM開発(XTension、Plug-in)


デベロッパー契約

Apple Developer Program

Microsoft Visual Studio Pro/MSDN Pro

Adobe社、Quark社とデベロッパーとして連携


以 上

Copyright (C) 2018 Isotope Technology Inc. All Rights Reserved.