弊社製品のmacOS 10.14 Mojaveへの対応について


平成30年9月25日

株式会社アイソトープ・テクノロジー  システム開発部


日頃よりは弊社及び弊社製品に対しご高配を賜り、ありがとうございます。

Apple社よりmacOS 10.14 Mojaveが提供されます。弊社製品の対応状況を説明いたします。


以下のInDesign CC 2018、CC 2017用のPlug-in製品は、macOS 10.14 Mojaveでの動作が確認できており、そのままご使用いただけます。

・Ruby Manager 12.0(InDesign CC 2018)

・Tools+ 12.0(InDesign CC 2018)

・AutoPrint 10.0 for InDesign(InDesign CC 2018)

・InDex 10.0(InDesign CC 2018)

・Ruby Manager 11.0(InDesign CC 2017)

・Tools+ 11.0(InDesign CC 2017)

・AutoPrint 9.0 for InDesign(InDesign CC 2017)

・InDex 9.0(InDesign CC 2015)

※InDesign CC 2015以前用の各Plug-in製品はmacOS Mojaveでの動作検証を行っておらず、サポート対象と致しません。ご使用は妨げません。


※macOS MojaveはGM Candidate版を使用しています。動作環境はOSに依存します。

※InDesign CC 2018はバージョン13.1を使用しています。

 InDesign CC 2017はバージョン12.1を使用しています。

 各製品にはInDesignの以前のバージョン用の製品が同梱されていますが、それらの動作確認は行っておりません。

※InDesign本体の対応状況はAdobe社のサイトをご確認下さい。

※カスタマイズ製品につきましては、個別に対応致します。


<関連情報>

弊社製品の動作環境について


お問合せは、E-mailでinfoLCS@itec-pro.co.jpまでお願いします。


以 上


<平成30年10月15日追記>

※InDesign CC 2019用の弊社Plug-in製品はmacOS Mojave 10.14を正式にサポートします。